組込み用フォント / ビットマップ

用途
  • 表示させる文字サイズが決まっており、1~3サイズ程度の文字を表示
  • ラスタライザが組込まれていない環境で文字を表示
  • ローパワーのCPUでも高速に文字を表示
  • 低画素の表示デバイスでも文字を表示
  • 使用文字サイズが小さく、ROMなどのデータ容量に余裕が無い場合
特徴
  • 組込みが容易
  • 小サイズでも奇麗に表示できる
  • 8ドットから83ドットまで提供可能
  • 明朝体・ゴシック体・太ゴシック体・丸ゴシック体などを提供可能
  • BDFデータ、バイナリイメージデータ(当社独自フォーマット)、TrueTypeフォント埋込み方式などで提供可能
  • 外字や特別サイズの文字制作も行います
書体と文字サイズ

提供可能な書体・文字サイズは「ビットマップフォントリスト」をご覧下さい。

◎ボディサイズとレターサイズの関係について

ビットマップフォントの大きさ(枠)の事をボディサイズ点(ドット)の情報があるエリアの高さおよび幅をレターサイズといいます。
下図のビットマップフォントの場合下記のような仕様になります。

ボディサイズとレターサイズ

  • 言語:日本語
  • 書体:ゴシック体
  • ボディサイズ:20×20(横×縦)
  • レターサイズ:18×18(横×縦)
  • 線幅:1ドット
  • レタースペース(余白):左右上下1ドット空き
お見積

お見積は、下記からお気軽にお申し付けください。お見積をご依頼頂いてから、弊社より2営業日以内にご連絡させて頂きます。

» 組込み用ビットマップフォント見積フォーム